Skip to main content

開発型システムトレード(MT4)

自分で取引プログラムを開発できる

システムトレードにはタイプがあり、
搭載された取引プログラムから好きなシステムを選んで取引する選択型と、
自分で取引プログラムを開発・作成し、そのプログラムを使って取引する開発型
2つのタイプがあります。

開発型システムトレード

開発型システムトレードでは、MT4と呼ばれる取引ソフトを使って行います。
MT4は海外では有名ですが、日本では各FX会社が
独自の取引ツールを開発し提供しているため、あまり普及していなかったようです。

開発型のメリット

MT4は自分で取引プログラムを開発でき、それをシステムトレードに使うことが出来ます。
また自分で開発せずに、作成された取引プログラムを購入して
自分の思い通りに組み合わせて使用することもできます。

開発型のデメリット

自分の思い通りのシステムを構築できるので
自由度で言えば開発型の方が有利ですが、
システムの開発にはプログラミングの知識が必要です。
また、ミラートレーダーとは違って、MT4は自動トレード中はずっとパソコンの電源を入れておく必要があります。

そしてシステムを購入する際には数万円の費用が掛かりますので、
手軽さで言えば選択型のミラートレーダーの方が無料ですし使いやすいでしょう。

MT4は上級者向け?

開発型MT4は取引にとことんこだわりたい方(上級者)向けで
選択型ミラートレーダーは気軽に取引したい方(初心者)向けと言えますね。

国内のFX会社の中にも、MT4を扱っている会社はあるので
取引にこだわりたい・MT4を使ってみたいという方は取り扱いのあるFX会社で口座開設してみましょう。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

12345 (1 いいね)
Loading...