Skip to main content

FXってなに?

FXとはどんなもの?

FXは「Foreign EXchange=外国為替証拠金取引」のこと。
簡単に言えば、日本のお金と外国のお金を交換して取引をする投資の方法です。

「今日の為替相場は1ドル110円で取引されています。昨日に比べ1円の円安です」
ニュースでよく聞くフレーズですよね。
FXはこの為替を利用して取引を行います。

基本は円が上がるか下がるか

例えば、1ドル100円の時に1万円で100ドルを買います。

為替は日々変化しますので、しばらくして1ドルが110円になったとします。

この時、先ほどの100ドルを売って日本円に交換すると、
1ドル110円×100ドルで1万1000円になります。

つまり同じ100ドルを交換しただけなのに、手元にはプラス1000円の差額が手に入ることになります。
これがFX投資で利益が出る仕組みです。

FXはこの仕組みを利用して、日本円とドル、ドルとユーロなどの
2つの国の通貨をタイミングよく交換して利益を出していきます。

でも100円から90円になった時、今よりも円高になった時は利益が出せないのでは??

FXを始めて知る方は必ずこう思います。
ですがFXは円安だけでなく、今より円高になった場合でも利益を出すことが出来るのです。

円安・円高とは?

FXを知るうえで欠かせないのが円安・円高の関係です。

円安とは、「円が安い=つまり円の価値が低く、外国の通貨の方が価値が高くなっている状態」です。

円高はその逆で、「円が高い=つまり円の価値が高く、外国の通貨の価値が低くなっている状態」です。

先ほどの例では、1ドル100円から1ドル110円になる=円の価値が低くなり、1ドルと交換するのに多くの円が必要になるので円安ということになります。

円高でも利益が出せるのがFX

日本は輸出がメインですので、円高よりも円安になった方が景気が良いと言われます。
同じ投資の株は円安で景気が良くなれば儲かりますが、円高になって景気が悪くなれば株価も下がって儲からなくなってしまいます。

ですが、FXはたとえ円高で景気が悪くなっても、円安の時と変わらず利益を出すことが出来る投資方法なんです。

1ドル110円の時に、100ドルを売って1万1000円にします。
その後円高で1ドル90円になったら、9000円でさっきの100ドルを買い戻しても2000円のプラスになります。

このようにFXは売りから入れば、たとえ円高になっても利益を出すことが可能です。

FXを始めるのに必要なお金は?

投資と聞くと大きな資金が必要なイメージがあります。
株では一つの会社の株を買うのに、最低でも数十万円の資金が必要です。
中には数万円とお手ごろな値段のものもありますが、その企業が今後大きく成長するかどうかは分かりませんし、やはり人気の銘柄を買うにはそれなりの金額が必要になります。

ではFXを始めるのに必要なお金はいくらかというと、
同じ投資でもFXは約5000円から取引を始めることが出来ます。

FXの取引では、通貨の最小取引単位が決まっていて、
通常は1万通貨(約5万円)ですが、FX会社によっては
1000通貨(約5000円)や1通貨(5円)から取引が可能な場合もあります!

さらにFXにはレバレッジという、
手持ちの資金の25倍までの金額の取引が可能になる仕組みがあります。
少ない資金で大きな金額の取引ができるというのがFXの大きな魅力です。

FXのまとめ

FXについてまとめると、

・FXとは「外国為替証拠金取引」のこと
・円やドルなどの2つの通貨を交換して利益を得る投資方法
・基本は通貨の値段が上がるか下がるかを予想するだけ
・たとえ値段が下がっても儲けが出せる
・FXを始めるのに必要なお金は5000円程度

FXは少ない資金で手軽に始められる投資として人気を集めています。
初心者向けにも多くの参考書や入門サイトなどで情報が公開されていますので
投資をしたことが無い方でも少し調べれば簡単に始めることが出来ます。

まずは手軽な入門サイトなどで、FXの基本や取引の仕方などについて勉強してみて
無料のデモトレード機能などでFX取引を体験してみるのが良いと思います。

LINEで送る
Pocket

12345 (1 いいね)
Loading...