Skip to main content

FX口座の開設の仕方 その1

FXの専用口座を開設しよう

FXを始めるには、まず取引するFX会社で専用のFX口座を開設します。
FXの口座開設はネットを使って簡単に申し込むことができ、
手続きが済めば最短で翌日にはFX口座が開設されます。

まずは取引したいFX会社を決める

最初のFX会社選びはどこを選んでいいのか悩んでしまうところ。
まずは初心者向けのサポートが充実した会社を選ぶのも手ですが、
FX会社を選ぶときは次のポイントに注意してみるようにしましょう!

スプレッド

FX取引で通貨を売買するときには、売値(bid)と買値(ask)があり、
取引画面ではこのように表示されています。

売値 BID
100.711
買値 ASK
100.714

通貨を売る時の値段が売値(BID)で100.711円。
通貨を買う時の値段が買値(ASK)で100.714円です。
スプレッドとは、この買値と売値の差のことです。

上の場合スプレッドは0.3銭となり、これが取引に掛かる手数料として取られます。
取引回数が増えるほど、このスプレッドによるコストも増えてくるので、
スプレッドの幅はFXの取引をする上でとても重要になってきます。

FX会社によってこのスプレッドの幅に違いがあります。
口座を開設するときは自分が取引しようと思う通貨ペアのスプレッド幅を確認するようにしましょう。

スプレッドについてはこちらのページで詳しく説明されています。

スワップ

FXでは為替差益で得る利益以外に、スワップポイントでも利益を得ることが出来ます。

スワップポイントとは、取引する通貨同士の金利差をもらえる仕組みの事です。
FXでは金利の安い日本の円を売って、高金利の通貨(豪ドル、トルコリラなど)を保有するだけで、その金利差を受け取る事ができます。

スワップポイントは通貨を保有している期間は毎日受け取れ、
長期間通貨を保有するFXの長期取引は、このスワップポイントを狙った取引方法です。
FXは銀行の外貨預金よりも手数料が安いため、長期運用するならFXの方がお得です。

そしてスワップポイントもスプレッドと同じようにFX会社によって違います。
長期取引をする場合は、スワップポイントが高いFX口座を選ぶようにしましょう。

FX会社を選ぶポイント

口座選びは、自分の取引スタイルに合わせて一番有利な条件のFX会社で開設するのがポイントです。
初心者でまだ取引スタイルも決まってないという場合は、
FX情報サイトのランキングやレビューを参考にして選ぶのもいいでしょう。

LINEで送る
Pocket

12345 (1 いいね)
Loading...